幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション

2218円

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション:当店では、数千のオンラインファッションストアを一度に検索でき、世界をリードする17,000のブランドと小売業者を1か所に集めています。 現在でいう半グレ=太陽族のシンボル的存在であった石原裕次郎を高杉晋作役に抜擢。難色をしめす日活を説き伏せたのが、本作の監督川島雄三であった。喜劇俳優としてまだ実績が乏しかったフランキー堺をその高杉に対峙する主役にすえたのも同監督で、企画や予算も含め日活側とは以前からかなりもめていたらしい。結果的には川島の企画が通ったわけだが、フランキー堺がセットを抜け出し撮影当時の品川を駆け抜けるという冒頭シーンとリンクするラストシーンについては、日活スタッフの反対にもあって断念せざるを得なかったのではないだろうか。遊郭を舞台にした古典落語をセレクトしうまくミックスさせたシナリオはかなりの出来映え。文久2年当時、遊郭に入り浸っていたという高杉晋作が作った都々逸“三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい”から引用したサゲでしめくくられる『三枚起承』無一文の男が遊廓に居残り頭角を表していく『居残り佐平次』貸本家の金蔵が幽霊のふりをして女郎への仕返しにやってくる『品川心中』上京してきた大尽を避けるため花魁から死んだと嘘をつくよう頼まれる『お見立て』…古典を取り込んだ映画作りが得意だったあのゴテ健に負けず劣らずの完成度をみせているのだ。本作が撮られたのは、GHQの差し金で売春防止法が成立する直前。取り壊しが決まり寂れた雰囲気の北品川カフェ街から一転、南の吉原とまで云われた品川遊廓は『相模屋』が賑わいをみせていた文久2年の幕末へとカメラは一気に遡る。相模屋のトップを争う女郎おそめ(左幸子)とこはる(南田洋子)。競争意識むき出しで次の客また次の客と、客間の障子を開けたり閉めたり。踵の高い草履で廊下をバタバタ駆けずり回り、階段を上がったと思いきや馴染み客に愛想を振りまいてすぐに降りてくる…そんな相模屋の隆盛を躍動的にとらえたカメラは見ているだけで楽しくなってくるのだ。本作は一方で、ALSを患っていた川島の死生観を表した作品とも云われている。幻のラストシーンへと続く『お見立て』のくだりでは、今までの喧騒が嘘のように、労咳を病んで女断ちしている佐平次と田舎者の杢兵衛のクローズアップが交互に続く静的なカメラワークへと変化するのである。おそめやこはる、店番の喜助(岡田真澄)も居眠りからなぜか目覚めようとせず、相模屋の中はシーンと静まりかえっている。まるで死後の世界のように。佐平次に迫り来る“死の気配”がやがて自分にも訪れることを悟っていたかのような演出だ。佐平次が道端で拾った懐中時計が物語の中で重要なメタファーとして使われている。原作落語では財布だった小物が、劇中なぜか佐平次だけが修理して動かすことができる懐中時計へと、川島はわざわざ置き換えているのだ。他人の手に渡る度に針が止まったり、また動き出したり。“さよならだけが人生だ”と覚悟は出来ていたはずの“死”だけれども、そこからなんとかして逃げ出したい。そんな川島の切なる想いが、幻と化したラストシーンやこの壊れた懐中時計にこめられている気がしてならないのである。滅びゆく運命の相模屋から逃げ出した佐平次のその後について知る者は誰もいない。「こちとら、てめえ一人の了簡で生き抜いて来た男でえ。首が飛んでも動いてみせまさあ」              (四谷怪談より)新着セール,予約販売,通販 激安◆幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション

dmenuスポーツ

pick up!

【プロ野球】CS第1戦、予告先発が発表

おすすめ競技

その他競技を見る 閉じる

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション

最新動画をもっと見る

アプリアイコン

動画や速報見るならこれだけでOK!dmenuスポーツアプリ

最新コラム

最新コラムをもっと見る

競技一覧
トップへ戻る

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション:当店では、数千のオンラインファッションストアを一度に検索でき、世界をリードする17,000のブランドと小売業者を1か所に集めています。 現在でいう半グレ=太陽族のシンボル的存在であった石原裕次郎を高杉晋作役に抜擢。難色をしめす日活を説き伏せたのが、本作の監督川島雄三であった。喜劇俳優としてまだ実績が乏しかったフランキー堺をその高杉に対峙する主役にすえたのも同監督で、企画や予算も含め日活側とは以前からかなりもめていたらしい。結果的には川島の企画が通ったわけだが、フランキー堺がセットを抜け出し撮影当時の品川を駆け抜けるという冒頭シーンとリンクするラストシーンについては、日活スタッフの反対にもあって断念せざるを得なかったのではないだろうか。遊郭を舞台にした古典落語をセレクトしうまくミックスさせたシナリオはかなりの出来映え。文久2年当時、遊郭に入り浸っていたという高杉晋作が作った都々逸“三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい”から引用したサゲでしめくくられる『三枚起承』無一文の男が遊廓に居残り頭角を表していく『居残り佐平次』貸本家の金蔵が幽霊のふりをして女郎への仕返しにやってくる『品川心中』上京してきた大尽を避けるため花魁から死んだと嘘をつくよう頼まれる『お見立て』…古典を取り込んだ映画作りが得意だったあのゴテ健に負けず劣らずの完成度をみせているのだ。本作が撮られたのは、GHQの差し金で売春防止法が成立する直前。取り壊しが決まり寂れた雰囲気の北品川カフェ街から一転、南の吉原とまで云われた品川遊廓は『相模屋』が賑わいをみせていた文久2年の幕末へとカメラは一気に遡る。相模屋のトップを争う女郎おそめ(左幸子)とこはる(南田洋子)。競争意識むき出しで次の客また次の客と、客間の障子を開けたり閉めたり。踵の高い草履で廊下をバタバタ駆けずり回り、階段を上がったと思いきや馴染み客に愛想を振りまいてすぐに降りてくる…そんな相模屋の隆盛を躍動的にとらえたカメラは見ているだけで楽しくなってくるのだ。本作は一方で、ALSを患っていた川島の死生観を表した作品とも云われている。幻のラストシーンへと続く『お見立て』のくだりでは、今までの喧騒が嘘のように、労咳を病んで女断ちしている佐平次と田舎者の杢兵衛のクローズアップが交互に続く静的なカメラワークへと変化するのである。おそめやこはる、店番の喜助(岡田真澄)も居眠りからなぜか目覚めようとせず、相模屋の中はシーンと静まりかえっている。まるで死後の世界のように。佐平次に迫り来る“死の気配”がやがて自分にも訪れることを悟っていたかのような演出だ。佐平次が道端で拾った懐中時計が物語の中で重要なメタファーとして使われている。原作落語では財布だった小物が、劇中なぜか佐平次だけが修理して動かすことができる懐中時計へと、川島はわざわざ置き換えているのだ。他人の手に渡る度に針が止まったり、また動き出したり。“さよならだけが人生だ”と覚悟は出来ていたはずの“死”だけれども、そこからなんとかして逃げ出したい。そんな川島の切なる想いが、幻と化したラストシーンやこの壊れた懐中時計にこめられている気がしてならないのである。滅びゆく運命の相模屋から逃げ出した佐平次のその後について知る者は誰もいない。「こちとら、てめえ一人の了簡で生き抜いて来た男でえ。首が飛んでも動いてみせまさあ」              (四谷怪談より)新着セール,予約販売,通販 激安◆幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション