Philips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証)

Philips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証)

1010円

Philips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証)

Philips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証):当店では、数千のオンラインファッションストアを一度に検索でき、世界をリードする17,000のブランドと小売業者を1か所に集めています。 ①画面はそのまま100%では明る過ぎるので、Brightness, Contrast 共に50~60%に設定して快適です。色彩も写真が自然な感じで良い。ただし、3つのボタンでの調節はめんどうだ。4つボタン(Menue, + amp; - , Item Change ) にして欲しい。②スタンドは実にスムースに上下し、前後及び左右の回転も気持ち良い。③最高位置で縦位置に回転できます。この場合、Windows 10 の「設定」⇒「ディスプレイ」で「横位置」を「縦位置」に切り替え、「状態を氏族する」の設定変更が必要。横位置で最大画面は約A2版のサイズで写真が表示される。縦位置ではワイド画面で細長いのでA3版サイズの画面となります。④HDMI 接続でPCに繋いで直ぐに画面も音も直ちに動作しました。⑤4K画面の問題。画素密度がハイビジョンの4倍なので、相対的に文字やアイコンが小さくにります。単純に画素密度が4倍ならば、文字とアイコンはそのままでは四分の一の大きさになります。モニターのサイズが通常のA4サイズのノートパソコンの4倍近い大きさですが、19-20型のデスクトップのモニターと比べるとアイコンが小さく感じます。逆に言えば、4Kのモニターでは、このPhilipsの31.5型の大きさは最小限でも必要でしょう。では、40型ならば、と調べると、大きくて重くなるので、本器のように機能的なスタンド支持の製品はありません。つまり、本器の32型がベストの選択であると思います。結局、Windows 10でアイコンは「大」に設定してOKですが、Word や Photoshop などのアプリの文字や表示が小くなり過ぎて使い難いのです。最終的に見つけた最良のディスプレイの設定をご紹介しましよう。要点は折角の4Kの画素数ですが、2Kにダウングレイドする事です。初期設定 4K 3840 x 2160 ppi (pixcel per inch) ⇒ 2K 2560 x 1600 ppi とします。そうすれば、アプリ及びテキストの表示は推奨値の150% のままで丁度良いです。 ⑥サービスに関する不満があります。それはDriver のインストールがCD-ROMディスクからは、どうやっても出来ず。インターネットでPhlips のHome Page からも、Driver のDownLoad は出来なかった。しかし、メーカーに電話したら「Driverは特に必要が無い」との事であった。CD-ROMが添付され、取説にもDriverのインストールとあったので無駄な時間を費やしてしまいました。また、ホームページでインストールを選択したら、半ば強制的に登録させられました。登録しても、結局 Driver のDownLoad はできませんでした。非常にUser に対する態度が不親切です。すこしは、日本やアメリカの企業のホームページの構成に見習ってもらいたいとおもいます。現品,直営限定アウトレット,格安saleスタートPhilips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証)
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • UltraColor搭載 4K対応した31.5インチ液晶モニター
  • 画面サイズ:31.5インチ ●有効表示領域:698.4(横)x 392.85(縦) ●解像度:3840×2160 4K ●パネルタイプ:VA
  • スタンド付き製品(最大高さ) :742 x 657 x 270mm
  • スタンド未使用時(mm) : 742 x 438 x 63mm
  • USBポート:USB3.0 x4 / スピーカー:3W x2
  • 入力端子:D-Sub15ピン、HDMI2.0(MHL)、DVI-D、DisplayPort1.2
  • 輝度:300cd/m² / 応答速度:4ms(スマートレスポンス時)
  • スタンド使用時(kg):9.23kg ●スタンド未使用時(kg):6.27kg

商品の説明

高性能パネルを採用した、このフィリップスの最新ディスプレイは、ウルトラクリア 4K UHD(3840 x 2160)解像度の映像を実現します。3D グラフィックアプリケーションを使用し、CAD できわめて詳細な画像を必要とする方や、膨大な量のスプレッドシートで財務ウィザードを使用する方も、フィリップスのディスプレイなら、映像やグラフィックを鮮やかに表示することができます。
UltraColor テクノロジーは、広範囲の色を表示できるため、きわめて鮮明な画像を実現します。UltraColor の「広色域」は、緑をより自然に近く、赤をさらに鮮明に、青をもっと深く再現。メディアエンターテインメントや画像、プロダクションに生き生きとした鮮やかな色彩を吹き込みます。

Philips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証)

Philips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証):当店では、数千のオンラインファッションストアを一度に検索でき、世界をリードする17,000のブランドと小売業者を1か所に集めています。 ①画面はそのまま100%では明る過ぎるので、Brightness, Contrast 共に50~60%に設定して快適です。色彩も写真が自然な感じで良い。ただし、3つのボタンでの調節はめんどうだ。4つボタン(Menue, + amp; - , Item Change ) にして欲しい。②スタンドは実にスムースに上下し、前後及び左右の回転も気持ち良い。③最高位置で縦位置に回転できます。この場合、Windows 10 の「設定」⇒「ディスプレイ」で「横位置」を「縦位置」に切り替え、「状態を氏族する」の設定変更が必要。横位置で最大画面は約A2版のサイズで写真が表示される。縦位置ではワイド画面で細長いのでA3版サイズの画面となります。④HDMI 接続でPCに繋いで直ぐに画面も音も直ちに動作しました。⑤4K画面の問題。画素密度がハイビジョンの4倍なので、相対的に文字やアイコンが小さくにります。単純に画素密度が4倍ならば、文字とアイコンはそのままでは四分の一の大きさになります。モニターのサイズが通常のA4サイズのノートパソコンの4倍近い大きさですが、19-20型のデスクトップのモニターと比べるとアイコンが小さく感じます。逆に言えば、4Kのモニターでは、このPhilipsの31.5型の大きさは最小限でも必要でしょう。では、40型ならば、と調べると、大きくて重くなるので、本器のように機能的なスタンド支持の製品はありません。つまり、本器の32型がベストの選択であると思います。結局、Windows 10でアイコンは「大」に設定してOKですが、Word や Photoshop などのアプリの文字や表示が小くなり過ぎて使い難いのです。最終的に見つけた最良のディスプレイの設定をご紹介しましよう。要点は折角の4Kの画素数ですが、2Kにダウングレイドする事です。初期設定 4K 3840 x 2160 ppi (pixcel per inch) ⇒ 2K 2560 x 1600 ppi とします。そうすれば、アプリ及びテキストの表示は推奨値の150% のままで丁度良いです。 ⑥サービスに関する不満があります。それはDriver のインストールがCD-ROMディスクからは、どうやっても出来ず。インターネットでPhlips のHome Page からも、Driver のDownLoad は出来なかった。しかし、メーカーに電話したら「Driverは特に必要が無い」との事であった。CD-ROMが添付され、取説にもDriverのインストールとあったので無駄な時間を費やしてしまいました。また、ホームページでインストールを選択したら、半ば強制的に登録させられました。登録しても、結局 Driver のDownLoad はできませんでした。非常にUser に対する態度が不親切です。すこしは、日本やアメリカの企業のホームページの構成に見習ってもらいたいとおもいます。現品,直営限定アウトレット,格安saleスタートPhilips モニター ディスプレイ 328P6VJEB/11 (31.5インチ/4K/4ms/5年保証)